産業医とは

産業医とは

定期健康診断

産業医とは企業において従業員の健康管理を担当する者です。

健康管理とは健康を維持もしくは本来の健康度に回復するための対策・実行を行うものです。助言の範囲で行う定期健康診断のフォローや法的強制力をもつ特殊健診フォローなどがあります。

わかりやすく言うと定期健康診断ではお酒やたばこの害について説明し、影響の強い方に関しては強く改善を勧めますが最終的には個人が責任を持って判断します。

しかし有害作業によって健康を害されている場合は必ず作業の改善が必要になります。たとえば著しい騒音職場が確認された場合には騒音低減が必須となります。このため産業医は速やかに改善方法の提言・実施・改善の確認等を行い作業に復帰していただきます。

このように通常の臨床医の先生方とは病気に対するアプローチが異なります。

⇒産業医の仕事はこちら

なぜ産業医が必要か

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。また、産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります(労働安全衛生法第13条、安衛令第5条、安衛則第13条第1項・2項)。

1事業所当たり従業員が1000名以上の場合は専属産業医といって常勤の産業医が必要になりますが1000名未満50名以上の事業所では嘱託産業医でも構わないことになっております。

1事業所当たりの従業員 産業医の雇用形態
50人以上1000人未満 嘱託産業医でも可
1000人以上 専属産業医が必要

従業員の健康管理は企業の利益に直結します。長期の企業生命を維持するために必ず必要になります。産業医は職業性疾患の予防に関するプロであると同時に総務・人事マターについても基礎力が要求されます。労働安全衛生法については熟知している必要があります。

うつ病対策の重要性

定期健康診断

健康管理の作業の中で作業環境など特殊健診に関する作業はかなり改善されてきました。現在は「うつ対策」が大きな健康管理のテーマになっています。

この「うつ」は「うつ状態」と「うつ病」に分けて対応しますが、1つは「うつ」の検出環境が整備されたこと(定期健診時のうつ病に関する質問票など)、2つは「うつ」の発生要因が増えてきたこと(業務密度の圧縮追求など)により現在の健康管理対象の主要な位置を占めるようになりました。さらに現場では精神疾患に対する対応の仕方がわからない状況にあります。

これらの問題に産業医が主体的に関わることになります。